KHJ_2.jpg

​KIM HYUN JOONG​

  • Instagram
  • Youtube

キム・ヒョンジュン

1986年6月6日生まれ。身長182cm

 

2005年6月に韓国の5人組グループSS501のリーダーとしてデビュー。

 

数多くのCMやバラエティー番組で活躍し、2009年に韓国で放送されたドラマ『花より男子~Boys Over Flowers』の韓国版の花沢類役に抜擢され、韓国のみならずアジアを中心にワールドワイドな人気を博し、韓流スターの仲間入りを果たす。

俳優活動としては続く『イタズラなKISS~Playful Kiss』でも主演を務め日本でも大ブレイク。

 

2018年4月にディスカバリー・ネクストに、レーベルHENECIA MUSICを設立。6 月 6 日に発売したシングル『Take my hand』はオリコン週間ランキング4位。オリコン週間 ROCK シングルランキング1位、同月間ランキング1位を記録。続く、移籍第二弾シングル として 9 月 26 日に『Wait for me』をリリース。オリコンデイリーシングルランキング1位、オリコン週間シングルランキング4位、オリコン週間 ROCK シングルランキング1位を獲得。また翌 9 月 27 日からは千葉県市川を皮切りに全国 12 都市 14 公演を駆け巡るホールツアー『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』を開催。 約 3 年半前の入隊前ラストライブで、また必ずここに戻ってくるとファンとの約束を交わした思い出の地である幕張メッセイベントホールでのツアーファイナルで締めくくった。

 

2019年9月11日に日本で約1年ぶりとなるニューシングル『THIS IS LOVE』を発売。キム・ヒョンジュンの作詞・作曲によるタイトル曲 「THIS IS LOVE」はTBS系テレビ「ひるおび!」の9月度エンディングテーマとなる。さらにカップリングには、日本最高のR&Rバンドと称されるZIGGYのボーカリスト森重樹一が作詞作曲し、提供した楽曲をキム・ヒョンジュン自身がリスペクトの想いを込めながら、ヒョンジュンなりの解釈でアレンジを施したニュースタイルのコラボレーション作品「BEYOND CRAZY」も収録された。また発売翌日からは『KIM HYUN JOONG meets...』と題し、新木場スタジオコーストにて、初日はZIGGY、2日目にはJUN SKY WALKER(S)のベーシストとして、プロデューサーとしても活躍中の寺岡呼人という日本のロックレジェンドを迎えての豪華対バンイベントも実現した。

 

2020年2月5日に約5年振りとなるフルアルバム『月と太陽と君の歌』を発売。本人作詞・作曲の主題曲 「月と太陽と君の歌」は2作連続でTBS系テレビ「ひるおび!」のエンディングテーマに選ばれた。同アルバム収録曲「Life Without You」は、シンガーソングライターの古内東子作詞による女性の視線で描かれた-セピア色の時-として、韓国語バージョンとはまた違ったストーリとして制作され、2月4日に開催された『KIM HYUN JOONG meets...Vol.2』で、日本が世界に誇るアコースティックギタリストであり、キム・ヒョンジュン自身もかねてよりリスペクトしている押尾コータローのアレンジによるスペシャルセッションとして披露された。

また2月1日からは、ニューアルバムを引っ提げての全国ツアー『Kim Hyun Joong Japan Tour 2020 月と太陽と君の歌』が東京・オリンパスホール八王子2daysを皮切りにスタートする。ホールツアー9公演の「月TOUR」、そして札幌を皮切りに全国10都市12公演が行われる初のライブハウスツアー「太陽TOUR」の二本立てで行われることが決定していた。

※新型コロナウィルスの影響で「太陽TOUR」および追加公演の横浜パシフィコ・ツアーファイナル公演は中止となりました。

 

□Kim Hyun Joong JAPAN OFFICIAL FANCLUB  https://henecia.jp